『麻雀の牌効率を覚えよう』

 
牌の表記
筒子:@ABCDEFGH
策子:123456789
萬子:一二三四五六七八九
字牌:東南西北白發中

 

「牌効率」というのを勉強すると、勝率にも直結するので、麻雀がもっと面白くなります。特に覚えたての麻雀初心者はしっかりと牌効率を学ぶともっと麻雀が楽しくなるはずです。

 

「@AABCC567二二三四」

 

例えば上記の手牌に三萬を引いてきたのなら2筒を切ってピンフのテンパイに取れます。また、2筒を引いてきたのなら、二萬を切ればテンパイにはなります。

 

しかし、待ちの数が、2筒が1枚と4筒が2枚しかなくて、効率が悪いです。しかも、ピンフもタンヤオも付かないので、打点が低くなりますよね。

 

こういう場合には、テンパイをとらずに、1筒を切ってみよう。

 

「AAABCC567二二三四」

 

そうすると一向聴の状態に戻ってしまうが、次に1筒以外の牌でテンパイになった場合は、ほぼ確実にタンヤオが付く上に、ツモってくる牌に寄れば、ピンフとタンヤオに2役が付くので、打点的にも大幅に上がります。その上、役が確定するので、リーチを掛けずに黙テンすることも可能です。

 

このように、テンパイするだけが麻雀ではなく、1手を入れ替えることで大きく、打点を上げることが麻雀の醍醐味でもあります。

 

例えば、この状態から3筒を引くと、ピンフとタンヤオのほかに、イーぺーコーの役も付くので、リーチを掛けると、満貫になります。麻雀で一番、スタイルが関係してくるのは、二向聴の状態でしょう。

 

一向聴の状態にまでなると、手牌が決まっている場合が多いので、一番センスが問われるのは二向聴ですね。

 

『牌効率を覚えよう(配牌編)』

麻雀において牌効率は大事

配牌時に、「最終形」を意識して、麻雀をするようにしましょう。

 

あくまで、「理想形」といってもいいぐらいなので、途中で何をツモってくるかで、内容はコロコロ変わってきます。なので、臨機応変に対処するようにしましょう。

 

「C245689一九東東白白」

 

こういう配牌の場合、東と白を鳴いて策子に寄せて、「東、白、ホンイツ」で満貫を目指すのが一番早い手でしょう。

 

しかし、Cと一九を捨てて、ホンイツを目指す際に、策子の一気通貫もあるということに気づいていますか?

 

1つも鳴かずにこれの最終形とは、「123456789東東東白白」となり、「東、メンゼンホンイツ、一気通貫」となり、ハネ満以上が確定します。

 

ドラかリーチかツモで2翻以上が絡めば倍満も考えられる手牌です。

 

このように、配牌から、最終形をイメージすることによって、最高打点を出せます。基本的に最終形までの向聴数は4までにとどめておいたほうがいいでしょう。

 

最終形が5向聴になってしまうと、実現するのが難しく、それを無理に目指してしまうと、振込みマシーンになってしまうからです。

 

配牌時にイメージし、対局中も常に効率を考えることで、打点面のレベルアップにつながります。

 

関連ページ

麻雀は行くところは行き、引くところは引くべし!
麻雀の勝率を上げる1つとして、攻める時攻めて守る時は守るとういものがあります。ただ、和了りたいからまっすぐ行くと、思わぬ落とし穴があるんですよ。
リアル麻雀とネット麻雀『三家和』の違い
リアル麻雀とネット麻雀で三家和を体験したのだよそのことを書いています。ぐぁ〜思い出したら麻雀打ちたくなってきた。
麻雀で勝つには相手のしぐさやクセを知ることが大事
毎回同じメンツで打つ場合は特に大事なことですね。人はだれでもクセがあります。そこを見ぬくことで勝率を上げれます。ただ、この記事は「ココを見ろ!」的な解説は一切ありません。
イケイケ麻雀とガチガチ麻雀あなたはどっち?
麻雀うちには様々タイプがいますが、中でも多いいのがイケイケタイプではないでしょうか?対局にガチガチタイプもいますが、果たしてどちらがいいのでしょうか?
麻雀ツカない時の対処法は?
麻雀はツイてる時もあればツカないこともあります。そんなツカないときに行う防御方法を紹介してます。1つの参考にしてください。
三人麻雀は楽しい
3人で行う麻雀を通称「三麻」と呼びます。一般的な4人麻雀は公式ルールもしっかりしていますが、三麻のほとんどがローカルルールで行われているそうです。
三麻で勝つにはどうすりゃいい?
楽しい三麻は勝てばもっと楽しくなりますね。しかし四麻がすきな人たちはこぞって嫌います。どうしてでしょうか?答えはギャンブル性が高いからなんですって。
『四人麻雀と三人麻雀の違い』
一般的な4人麻雀と3人麻雀の違いを紹介してます。四麻と違ってスリリングな展開が多い三麻は初心者に好まれるゲーム性となってます。中々出ない役満が出やすいのも特徴です。
4人麻雀時に気をつけること
4人麻雀における鉄則を紹介してます。ずばり、「和了る」ことより「振らないこと」です。最近の牌効率優先の打ち方が多いですが、点数の期待値を入れた上で麻雀を打った方楽しいですよ。
麻雀で負ける人にはパターンがある?
長いこと麻雀を打っていると、負けてる人に共通のパターンがあることがわかります。こちらでは麻雀で負ける人の4つのパターンを書いてます。
『三人麻雀の変わったルール 』
3人麻雀はローカルルールが沢山あってとても楽しいですよ。ただ、しっかり役を覚えないとへんなジジィにいちゃもんつけられるゾ!
ツカない時の対処法
麻雀でツカない時ってありますよね。今回ついてない時の対処法を書いてみました。これで解決したら苦労しませんが、こういった方法もありますよということで。
麻雀『守りの基本』
こちらでは麻雀で勝てるように実践的なアドバイスの記事をまとめています。役だったら幸いです、はい。そんなもん知っとるわ!と言わずに見てね。
フリー雀荘で勝つ人負ける人
麻雀で勝つ人と負ける人の差はなんでしょうか?攻めと守りどちらが大事でしょうか?まずは振り込まないようにしてみませんか?
麻雀その人のクセでテンパイがわかる
麻雀でテンパイが入るとクセがでる人って意外に多いんです。今回、私のまわりでテンパイしたときのクセを紹介します。
麻雀においての最善手とは?
麻雀仲間と話をするとよく議題にあがる最善手。この最善手について書いてみます。
四人麻雀打ちが三人麻雀を打つとどうなる?
普段から四人打ちしてる人が三人麻雀で打つとどうなるのか?四人打で強い人も久しぶりに三人麻雀では弱くなることが多いようです。
三人麻雀の駆け引き
三人麻雀は駆け引きも四人麻雀とは違ってきます。いったいどんな駆け引きか?それは記事を読んでのお楽しみ。
麻雀で勝負時のポイント
三人麻雀での勝負時のポイントは何?それは記事を読んでみれば分かるかもね。時間が合ったら寄ってってね。