2017/01/17 16:01:17 | 麻雀のうんちく
ギャンブルすべてに共通して言えることですが、プレイしていると大事な勝負時が何回かやってきます。四人麻雀では、高い役が出来たときに、いかにしっかりと上がるかだと思います。四人麻雀はなかなか高い手役が出来ないので、高い手役をしっかりと上がることでトップがグッと近くなると思います。では、三人麻雀の勝負時はいつになるのでしょう?それは、一着と二着が競っていて、お互いが場に入っている時です。三人麻雀は人数は四人で、一人が順番に抜けて三人で勝負します。四人麻雀は常に全員が入っているのでチャンスは何時でもありますが、三人麻雀はそうは行きません。しかも、三人麻雀はトビが非常に多いので、次にトップ目と勝負の場面...
2017/01/06 18:56:06 | 麻雀のうんちく
四人麻雀はウマやクビ等を考えて一着か二着を狙っていきます。四人麻雀は二着でもそこそこプラスになるので構いませんが、三人麻雀では二着はほとんど意味がありません。クビは繋がりますが、ウマは基本、一着が総取りとなっているため、三人麻雀は一着でないとダメなのです。ですから、四人麻雀と三人麻雀では順位の駆け引きは非常に大事になってきます。三人麻雀ではダントツトップでも、順位をひっくり返ることが度々あります。三人麻雀は点数が基本的に高いため、トップから直撃するとすぐに点数の差が縮みます。ですから、2位や3位の人も最後まで諦めません。では、どうやってトップを取りに行ったらいいのでしょう?それは、相手を飛ばす...
私は四人麻雀と三人麻雀のどちらも遊びます。ですが、面子の問題で三人麻雀の方が多いです。三人麻雀ばかりしている四人麻雀の時、手の遅さにイライラとして打てなくなる人が多いです。確かに、私のまわりにはその理由で四人麻雀を打たない人が多いです。気持ちも少しは分かりますが、四人麻雀がホントの麻雀ですし、逆に手をじっくり作れるのが面白い所では無いでしょうか。サンショクドウジュン(三色同順)やジュンチャン(純全帯公)等の綺麗な手役であがると非常に気持ちが良いです。また、毎回勝負に参加する必要がなく、防御に徹して攻める事ができます。四人麻雀は戦法が多いので非常に面白いです。また、将棋やオセロ、チェス等の考える...
2016/12/27 18:41:27 | 麻雀のうんちく
四人麻雀打と三人麻雀を一緒だと考えている人が多いですが、ルールも違いますし、勝負の駆け引きも違います。四人麻雀は面子が一人多くないとできませんし、時間が掛かるので三人麻雀を打ちたがる人が多いです。三人麻雀を最初に憶えた人は四人麻雀のルールを知らない人が多いですが、四人麻雀を最初に憶えた人は三人麻雀を打つ事がほとんど出来ます。ルールは四人麻雀の方が圧倒的に難しいですし、基本的なルールは一緒ですので三人麻雀を簡単にすることができるのでしょう。四人麻雀メインの人がが三人麻雀を打つとどうなるのでしょう?それは強さが全然違ってきます。三人麻雀と四人麻雀を常に打っている人は強いですが、四人麻雀をメインで打...
多くはギャンブルは相手がいて成り立ちます。勝負することです。相手がいるのですから、駆け引きが必要となっており心理戦となります。目先の麻雀役にとらわれず、ギャンブルにおいて勝ち組は心理戦になると、非常に強いです。ギャンブルで勝ち組になっているのですから、様々な経験を積んでいるのでしょう。麻雀においても心理戦がモノを言います。麻雀が強い人は表情を見ても全く様子を掴めません。また、「勝負しているな」と感じても全くのブラフの場合があります。そうやってこちらのペースを乱し、乱れたところで一気にやってきます。麻雀ではリーチをかける発声や、牌を捨てる時、鳴きの速度、捨牌の速度とありとあらゆる場面で相手の行動...
麻雀は3人や4人でするゲームですので、メンバーの問題がよくおきます。日曜日に4人で集まる予定が急に一人抜けると、麻雀が出来なくなるなんて事はたびたびあります。また、近所や家族から苦情が出て出来なくなる事もあります。麻雀はホントに面白いゲームだと思いますが、気軽にできないゲームでもあります。そんな問題を解決してくれるのが雀荘です。雀荘は貸卓とフリーの2種類に分かれます。メンバーは足りているけど、場所がない場合は貸卓を利用しています。学生等が多く目立ちます。フリーは知らない人たちが集まってできるので、何時でも好きな時にプレイする事ができます。近所のおじさんやおじいちゃん等が多いです。私が初めて雀荘...
2016/10/28 21:03:28 | 麻雀のうんちく
ギャンブルにおいて、最善手は何かとよく論議されていますね。ギャンブルですから、100パーセント正解はありえないと思います。ですが、やはり確率論でもありますから、最善手は存在するでしょう。最善手は時と場合にもよりますが、ギャンブルで勝つためには大事だと思います。私がよくする三人麻雀でも友人やフリー雀荘で論議しています。その中で話題になるのが「勝負のタイミング」と「役牌は一鳴きか?」です。三人麻雀の「勝負のタイミング」は難しいです。三人麻雀は攻めが基本ですので、常に勝負をしなければなりません。常に勝負時ですが、私が思う一番の勝負時は点棒状況でトップを取りやすい時だと思います。次に三人麻雀で一番論議...
2016/10/18 17:55:18 | 麻雀のうんちく
人にはさまざまなクセがあります。麻雀をしている時でもクセが出る人がいてます。そのクセでテンパイが分かったりする場合があるので、クセは結構注意が必要です。私が今まで見てきた麻雀で出る、色々なクセを紹介したいと思います。テンパイしたら、大抵右端の2枚の牌を伏せる人がいました。麻雀は大抵二枚の牌が当たりになります。2、3と数字がなっていると、1、4が当たりの場合は2、3の数字を右端に寄せてその2枚を伏たり、立てたりして触ってます。そして、あがる時に先にその2枚を倒して見せてから、他のを倒して見せるのです。テンパイが簡単に分かるので、大分美味しい思いをさせて頂きました。まわりの人たちも気付いていました...
2016/09/21 18:33:21 | 麻雀のうんちく
現在の日本の法律では現金を賭けて麻雀を行うことは違法だとされています。しかし、現状の多くのフリー雀荘では現金を賭けての麻雀が行われているのが事実です。そこで、フリー雀荘に行ったときに勝つ者、負ける者というのが分かれてしまいます。それは、「攻め時、守り時」が分からない人たちのことです。麻雀というのは、点数を集めないと、勝つことが出来ませんが、点数を集めるためには、攻めないといけません。攻める=防御が手薄になるともいえるので、振り込む確率も上がってしまいます。そこのギリギリの線を見極めて、攻め、守らなければいけません。麻雀のテンパイ時の待ちの数はせいぜい2〜3面待ちぐらいです。4人麻雀だと、牌の種...
2016/09/11 13:28:11 | 麻雀のうんちく
牌の表記筒子:@ABCDEFGH策子:123456789萬子:一二三四五六七八九字牌:東南西北白發中「牌効率」というのを勉強すると、勝率にも直結するので、麻雀がもっと面白くなります。特に覚えたての麻雀初心者はしっかりと牌効率を学ぶともっと麻雀が楽しくなるはずです。「@AABCC567二二三四」例えば上記の手牌に三萬を引いてきたのなら2筒を切ってピンフのテンパイに取れます。また、2筒を引いてきたのなら、二萬を切ればテンパイにはなります。しかし、待ちの数が、2筒が1枚と4筒が2枚しかなくて、効率が悪いです。しかも、ピンフもタンヤオも付かないので、打点が低くなりますよね。こういう場合には、テンパイを...