麻雀は心理戦なのです

 

多くはギャンブルは相手がいて成り立ちます。勝負することです。相手がいるのですから、駆け引きが必要となっており心理戦となります。

 

目先の麻雀役にとらわれず、ギャンブルにおいて勝ち組は心理戦になると、非常に強いです。ギャンブルで勝ち組になっているのですから、様々な経験を積んでいるのでしょう。

 

麻雀においても心理戦がモノを言います。

 

麻雀が強い人は表情を見ても全く様子を掴めません。また、「勝負しているな」と感じても全くのブラフの場合があります。そうやってこちらのペースを乱し、乱れたところで一気にやってきます。

 

麻雀ではリーチをかける発声や、牌を捨てる時、鳴きの速度、捨牌の速度とありとあらゆる場面で相手の行動が読めます。

 

強い人にペースを握られると、こちらが何をしても行動を読まれている気になってしまいます。最悪、勝てる気がしなくなることもあります。

 

ギャンブルは始まる前から勝負は決まっているとよく言いますが、それは心理戦の事を言っていると思います。たしかに、一度徹底的に負けた相手には勝てる気がしません。

 

次にの勝負をする時のために、「相手に俺には勝てないぞ」と思わすことが大事なのでしょう。

 

有名な麻雀漫画の言葉で「麻雀は相手の心を折るゲーム」と言っていますが、まさにその通りなのかもしれませんね。

 

関連ページ

麻雀はメンツと場所が大事なんですよ
麻雀楽しいよね。楽しいけど場所とメンツの問題があるよね。そんなときこそ雀荘。雀荘にいけば両方の問題が解決するよね。
三人麻雀と四人麻雀の楽しむポイント
三人麻雀と四人麻雀とでは楽しむポイントが違うと思います。なにが違うかってーと・・まぁ、読んでくださいまし。